ダメージ上限を超える!~奥義編~

ダメージ上限を超える!古戦場共通

グラブルの奥義ダメージの上限は、約170万です。1ターンの奥義発動で上限値以上のダメージを出す方法についてまとめました。チェインバーストについても記事の最後で触れています。

奥義でダメージ上限を超える方法は3つ!

1ターンでの奥義発動でダメージ上限値を超えてダメージを出す方法は、基本的に以下の3つになります。

① 奥義ダメージ自体の上限値を増やす

② 奥義発動時に、追加ダメージを出す

③ 2回奥義を発動する

えーっと…よくわからないんですけど…

わかりやすく図と表にしてみたよ!

ダメージ上限の説明1①奥義ダメージ自体の上限値を増やす
武器スキルや召喚石の効果は効果量が少ないが、複数キャラに適用できる。
キャラアビリティは単体キャラに適用されるものが多いが、効果量は多い。
ダメージ上限の説明2②奥義発動時に、追加ダメージを出す
奥義効果によることが多く、その場合にはキャラを入手するだけでOK。
ダメージ上限の説明3③2回奥義を発動する
発動条件が難しいことが多いが、奥義2回分となるためダメージはもっとも多い!

それぞれの方法について、少しずつ触れてみましょう。

① 奥義ダメージ自体の上限を増やす

ダメージ上限の説明1

①奥義ダメージ自体の上限値を増やす
武器スキルや召喚石の効果は効果量が少ないが、複数キャラに適用できる。
キャラアビリティは単体キャラに適用されるものが多いが、効果量は多い。

「武器」「召喚石」「キャラ」のそれぞれで、奥義ダメージ自体の上限を増やすことができます。

(1)武器スキルで、奥義ダメージ自体の上限を増やす

奥義ダメージの上限を増やすことができる武器はたくさんありますが、それぞれ枠があり、枠ごとに上限が決まっているので注意が必要です。上限を増やす武器については、神ゲー攻略のページがとてもわかりやすい&網羅されていますので、チェックしてみて下さい!

【グラブル】ダメージ上限上昇効果まとめ | グラブル攻略wiki | 神ゲー攻略
グラブル「ダメージ上限上昇」の概要や効果量について掲載。武器編成やダメージ計算の参考にどうぞ。

神ゲー攻略様のページからの抜粋になりますが、この表を意識して武器を装備しましょう。

奥義ダメージ上限上昇

うまくいくと、武器だけで奥義ダメージを2倍にできますね!

(2)召喚石の効果で、奥義ダメージ自体の上限を増やす

召喚石の効果でも、奥義ダメージ自体の上限を増やすことができます。以下、一部例を挙げます。

天司石【サブ加護】5~10%
アーカルム石【サブ加護】3~10%
ベリアル【サブ効果】攻撃1回あたり最大15,000~30,000
シヴァ【召喚効果】50万程度
フレイ【召喚効果】10%
バハムート【召喚効果】20%
特に天司石とアーカルム石については、サブに編成するだけで上限を増やすことができるため、非常に人気があります。こちらも参考になるのは、神ゲー攻略のページです!

(3)キャラのアビリティで、奥義ダメージ自体の上限を増やす

キャラによっては、自身あるいは味方全体の奥義ダメージ上限を増やすアビリティを保有しています。また、キャラごとに設定されている「リミットボーナス」「奥義ダメージ上限アップ」を持っているキャラもいます。

ダメージ上限例1【キャラのアビリティ】
キャラのアビリティでは、奥義ダメージ上限を増やすと同時に、奥義ダメージも上昇させるケースが多いので、奥義ダメージ上限を超えたダメージが出しやすいのが特徴です。
ダメージ上限例2【キャラのリミットボーナス】
★3で、奥義ダメージ上限を10%増やすことができます。
ダメージ上限例3【キャラのEXリミットボーナス】
指輪を使用することで得られるEXリミットボーナスでも奥義ダメージ上限を6~15%増やすことができます。

武器・召喚石・キャラをうまく組み合わせて上限値を増やすことがグラブル攻略の醍醐味とも言えます!

② 奥義発動時に、追加ダメージを出す

ダメージ上限の説明2②奥義発動時に、追加ダメージを出す
奥義効果によることが多く、その場合にはキャラを入手するだけでOK。

キャラによっては、奥義発動時に追加ダメージを出すことができます。

ダメージ上限例4

上記の例では、奥義発動時にアビリティ「ヴァイスドラッヘ+」を自動的に発動でき、約60万の追加ダメージを出すことができます。最近は奥義発動時に追加ダメージを出せるキャラが増えてきました。

③ 2回奥義を発動する

ダメージ上限の説明3③2回奥義を発動する
発動条件が難しいことが多いが、奥義2回分となるためダメージはもっとも多い!

刀が得意なキャラに多いのですが、奥義ゲージを200%まで貯めることができるキャラがいます。奥義ゲージが200%溜まった場合、基本的には1ターンで奥義を2回発動できます。

ダメージ上限例5

2回奥義が発動できるということは、1ターンの奥義ダメージは170万×2=340万となり、特に上限を超えた大ダメージを出すことができます。

チェインバーストのダメージ上限も増やすことができる

チェインバースト(フルチェイン=4チェイン)の上限も、約170万です。チェインバースト上限を増やす方法は、

① 武器スキルによって、チェインバーストの上限を増やす

② 特定のキャラをサブメンバーに配置することによって、チェインバースト発動時に追加ダメージを出す

となります。現在は対象となる武器やキャラが少ないため、奥義ダメージ上限よりわかりやすいのが特徴です。


奥義ダメージ上限やチェインバーストの上限を増やす武器や召喚石・キャラは、ゲームのアップデートによって変化していきますので、奥義軸のパーティが重要となる古戦場の都度見直すと良いと思います。